Copyright © 浅草彫やす all rights reserved.

団七九郎兵衛・手彫り

魚屋の団七九郎兵衛は大阪の男伊達の原型であり、「夏祭浪花鑑」という歌舞伎の主人公になる。この歌舞伎は
歌舞伎の中でもっとも有名な殺し場があります。団七九郎兵衛が自分の舅、三河屋義平次を殺す。この場面の中に団七九郎兵衛が見得を切って、刺青、赤ふんどし、黒の長い髪の毛と白い化粧を見せびらかす。舅を殺した後に接近する祭の音を聞いたら近くの 井戸の手桶を使って水で体を洗う。