Copyright © 浅草彫やす all rights reserved.

金太郎・鬼

金太郎【きんたろう】
足柄山の奥で山姥(やまうば)に育てられたという怪童。大江山の酒呑(しゅてん)童子退治に武功をたてた,源頼光四天王の一人坂田金(公)時の子供時代とされる。公時の名は《今昔物語集》などにも見えるが,物語の成立は室町時代。江戸時代には金時の子金平(きんぴら)を主人公とする金平浄瑠璃が流行。端午の節供には腹掛けをして鉞(まさかり)をかついだ金太郎が飾られる。