Copyright © 浅草彫やす all rights reserved.

面散らし・蛇

複数の面のデザインは「面散らし」と呼ばれ、一般的に、おかめ、ひょっとこ、鬼、般若、天狗、烏天狗、狐、翁などが使われます。 その中から五つを選び、「天下御免」の掛詞として「天下五面」としたり、選んだ四つに自分の顔を加え「天下五面」としたりします。
日本において蛇は太古から雨や雷を呼ぶ天候神として、水神として信仰を集めています。
また、お財布の中に蛇の抜け殻を入れておくと、お金が貯まると言われていたり、 白蛇を見ると富をもたらすとも言われ、縁起の良い物とされています。